« BiVi沼津+シネコン+複合商業施設 | トップページ | P902iS・F902iS・D902iS・W41SH・V201SH+携帯+新機種 »

2006年4月15日 (土)

子供+GPS携帯+論争

今日の産経に興味深い記事があった。

Sankei Web 社会 爆発的売れ行き 「子供GPSケータイ」大論争(04-15 1647)

ようは

  • 親としては大切な子供の防犯のために携帯を持たせたい。
  • 学校としては余計な機能のある携帯は授業の邪魔になるので持たせたくない。

で、学校において論争が起こっているとの内容。

親として立場がある自分としては子供にGPS携帯などの防犯グッズを登下校時および授業中にも常に持たせたい気持ちは十分理解できる。昨今の痛ましい事件が多い現状を見ると切実だ。

ただし学校の意見も一理ある。辞書機能を使ったカンニングや各種ゲームなどの余計な機能は授業には確かに邪魔である。

で、個人的な思う解決する案としては、全ての登下校において小中学校がスクールバスを準備し、個人の家の近くまで送迎をするかわりに、学校へ携帯を持ちこませないという案である。

親としては一番狙われ易い登下校時の安全を確保したいというのが願いであり、それが満たされるのであれば携帯を持たせる意味がなくなる。学校としては安全に配慮する姿勢を見せることで携帯の持込を禁止できる。

ただし上記の案では、スクールバスの運行費用などコストがかかりすぎる問題が大きくのしかかることになるので、すぐに導入は難しいだろう。

ちなみに上の案を新潟県加茂市では2005年の春から既に実施している。

asahi.com: 通学バス導入、独自策 徒歩圏内、国の補助外 - 「子どもを守る」

今は安全をお金で買う時代。その時代に子供を持つ家庭に安心させるサービスを学校側が提供することは必要なことであり、そういったサービスを提供しないがために、親が自衛手段として携帯所持を考えるのは当然だろう・・・

2006年04月15日 18:57 携帯・デジカメ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供+GPS携帯+論争:

コメント

コメントを書く