« yahoo+オークション+不正取締り | トップページ | N902i+機種変更+N900iS »

2005年11月15日 (火)

結婚+紀宮様+少子化

国民の象徴である天皇家において、今日一組の結婚が行われてニュースや番組でいろいろ紹介されている。紀宮様と黒田慶樹さん、

「ご結婚おめでとうございます。」

と私も思っている。しかし、このニュースの影で思うこともある。それは少子化。

今の天皇でさえ子供は3人いる。そのうちの最後の一人が結婚した。

皇太子は愛子様一人。秋篠宮家は佳子様、眞子様の二人。

そうである天皇家においても少子化が起きているのである。

私は国民の象徴である天皇家でも少子化が起きている事がすごく不安だ。

少子化の影響で数年後には総人口が減少に向かうとの予想もある。

政府は早期に有効な少子化対策を取るべきだろう。

http://hasemana.cocolog-nifty.com/main/2005/11/mr_kuroda_go_fo.html へのトラックバック

2005年11月15日 14:55 ニュース |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚+紀宮様+少子化:

» 戦後初の2カ月連続減 5、6月の人口推計値 トラックバック あっかんべぇ
共同通信・FLASH24:戦後初の2カ月連続減 5、6月の人口推計値 日本に住んでいる外国人を含めた総人口が、今年5月1日と6月1日の2カ月連続で前年に比べ減少したことが26日、総務省の人口推計調査(速報)で分かった。2カ月連続の人口減は戦後初。7、8両月の1日現在も、月ごとの人口増減の変化が昨年と同じと仮定して算出した概算値ベースでは前年を下回っており、日本は既に「人口減少社会」に突入したとみられる。  速報値によると、5月1日は昨年5月から3万人減の1億2753万人、6月1日は1万人減の1億27... [続きを読む]

受信: 2005/11/15 15:34:43

» 9月時点でプラス8000人 出生数が死者数上回る トラックバック あっかんべぇ
共同通信・FLASH24:9月時点でプラス8000人 出生数が死者数上回る 全国の市区町村に提出される出生届や死亡届に基づく1−9月の出生数は約82万900人、死亡数は約81万2800人で、出生数が8000人余り上回ったことが22日、厚生労働省の人口動態統計(速報)で分かった。出生数から死亡数を引く「自然増加数」は8月までマイナスだったが、プラスに転じた。  今年は初めて上半期(1−6月)をマイナスで折り返し、予測より2年早く年ベースで「人口減少」になる可能性が高まった。9月時点でプラスになったが、... [続きを読む]

受信: 2005/11/23 1:49:52

» 出生率最低で超少子化国に 05年版少子化社会白書 トラックバック あっかんべぇ
共同通信・FLASH24:出生率最低で超少子化国に 05年版少子化社会白書 政府は16日午前の閣議で、2005年版「少子化社会白書」を閣議決定した。1人の女性が産む子供の人数を表す合計特殊出生率が04年に1・29と過去最低を記録した日本の現状を「超少子化国」と表現。少子化に歯止めがかからなければ、総人口の減少が当初予想していた07年より1年早い06年にも始まるとの見通しを示している。  赤ちゃんの51%が30代の母親から生まれている晩婚・晩産化の傾向を踏まえ「社会全体で若い子育て世帯を支援することに... [続きを読む]

受信: 2005/12/16 12:03:53

» 日本人の人口、初の減少 厚労省の05年推計 トラックバック あっかんべぇ
共同通信・FLASH24:日本人の人口、初の減少 厚労省の05年推計 日本に住む日本人の人口は2005年に初めて減少に転じることが22日、厚生労働省の人口動態統計の年間推計で分かった。出生数から死亡数を引いた「自然増加数」はマイナス1万人で、統計を取り始めた1899年以来初の「自然減」となる。  日本に住む外国人を含めた総人口ベースでもマイナス4000人と見込まれ、国立社会保障・人口問題研究所の「... [続きを読む]

受信: 2005/12/22 11:31:02

» 総人口ベース、4000人減 厚労省の人口動態速報 トラックバック あっかんべぇ
共同通信・FLASH24:総人口ベース、4000人減 厚労省の人口動態速報 昨年1年間に全国の市区町村に提出された届け出に基づく出生数は109万237人、死亡数は109万4598人で、出生数から死亡数を引いた「自然増加数」がマイナス4361人となっていることが21日、厚生労働省の人口動態統計(速報)で分かった。  同省は2005年12月、日本に住む日本人の「自然増加数」が初めてマイナス1万人になる... [続きを読む]

受信: 2006/02/21 20:45:13

コメント

 初めまして。トラックバックありがとうございます。
 人口減少については、今年5~6月頃には人口増加が終わり減少に向かったというニュースがありました。トラックバックを送りましたので、ご一読してみてください。数年後と予想しているソースは、少し古いのかもしれません。
 なお、皇室の少子化と、一般庶民の少子化では、その原因は異なる部分が多く、同列で論じるのは無理がありそうに思いますが、いかがでしょう?
 すなわち、一般庶民では、経済的な問題が大きく影響しているものと私は考えますが、皇室ではそのような問題は無いでしょう。
 また、すべての男女が結婚し、1夫婦に2人子どもがいれば、人口減少にはならないはずです。秋篠宮家のお子様が2人である事をもって少子化というのは、言い過ぎではないかと思います。
 私は、結婚年齢の高齢化と、生涯未婚率の上昇こそが、少子化について論じられるべき原因だと思います。


 また関連記事がありましたら、遠慮なくトラックバックを送ってください。お待ちしています。
 今後とも、ネットのおつきあい、よろしくお願いします。

投稿: はせまな | 2005/11/15 15:46:54

たしかに同列に考えるのは飛躍しすぎかもしれません。

しかし各家庭で、子供を多く作らない理由は、それぞれですよね。

おっしゃられるように経済的に苦しく作らないケースや、不妊によって出来ないケース、自分たちのライフスタイルにおいて子供をたくさん作りたくないケース、100の家庭があれば、100通りの理由になりそうです。

傾向としては経済的理由が確かに多そうですけど。

ただ今回の投稿の本質は国民の象徴としての天皇家においても、そういった少子化の状況が起きている事で、人それぞれ意見はありますが、もっと少子化対策を考えていくきっかけになればと思って投稿しました。

投稿: xxx ヨシ xxx | 2005/11/15 17:18:07

コメントを書く