« 耐震偽造+倒産+解体 | トップページ | 新規+仕事+来年 »

2005年11月23日 (水)

広島+小1女児+殺害事件

う~~ん、また痛ましい事件が起きている。

殺してダンボールにしまって放置とは残忍極まりない。

子供を持つ親としては、関心を持たずにはいられない。

しかしなぜこういった事件が頻繁に起きるのだろうか?

最近では奈良女児殺害事件や、今最高裁で争っている宮崎勉の連続女児殺害事件など、女児を狙った犯罪が、あまりにも多すぎる。

性犯罪者の再犯率は非常に高く、また一部の性犯罪者は犯行自体がエスカレートする傾向があるらしい。

米国では性犯罪者の情報をネット上で公開している州があるが、日本でも性犯罪の被害者を減らすために性犯罪者の住所や氏名の公表をすべきではないだろうか。

性犯罪者の人権と、抵抗むなしく殺されていく幼い児童の人権、どちらが重要であるか本格的に国民全体で議論すべき時期だと思う。

http://never-ending.cocolog-nifty.com/hateshinai/2005/11/post_7ffc.html へのトラバ

2005年11月23日 13:50 ニュース |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島+小1女児+殺害事件:

» 勝谷誠彦氏、広島小1女児殺害事件の犯人が「子供をフィギュアの様に扱っている」と発言。 トラックバック フィギュア萌え族(仮)犯行説問題ブログ版・サブカル叩き報道を追う
2005年11月23日放送のやじうまプラスの7時台の放送で、勝谷誠彦氏が広島小1女児殺害事件の犯人を「子供をフィギュアの様に扱っている」とプロファイリングした。 勿論、「フィギュア萌え族(仮)犯行説」の様に、凶悪な事件が起こる度に何でもサブカルチャーのせいにするマスコミの風潮を批判している私も、この様な事件が再び発生してしまった事に怒りを感じている。 しかし、なぜフィギュアを愛好する者を、猟奇的性犯罪者と�... [続きを読む]

受信: 2005/11/23 14:36:38

» 広島の少女の事件について トラックバック ベクトライズ
粘着テープで箱にふた 人通り少ない現場付近 女児殺害 (朝日新聞) - goo ニュース こういう事件を防ぐ手段は、実質的に無いのだと実感させられる事件だと思う。学校や地域社会が手を尽くしたとしても、一人一人の子供達を四六時中保護することは不可能だ。 わずか2時間程度の間に、拉致→殺害→死体遺棄という展開は、あまりにも短絡的で稚拙な行動に思える。衝動的な行動と、その結果がもたらした少女の抵抗が、最悪の�... [続きを読む]

受信: 2005/11/23 21:27:31

» 広島小1女児殺害事件 トラックバック ─ 灼熱 ─
ニュースで事件の発生報道を見て、すぐに犯人(容疑者)逮捕となるんじゃないかと期待して成り行きを見守っていたんだが、どうやら捜査が難航しているようである。小学1年生の被害者が下校途中に自宅に帰宅しないまま殺され遺棄されたことなどから、昨年の「奈良女児誘拐...... [続きを読む]

受信: 2005/11/24 17:24:01

コメント

コメントを書く