« 9150+VAIO+ファイル共有エラー | トップページ | スパイウェア+ノートン+恐怖 »

2005年11月10日 (木)

100%+作業ミス+自己反省

DELL Dimension 9150 での仕事環境を快適にするためにマルチモニタにしたいと思い行動開始。

まず予算が無いので、手持ちの8年使ってるSONYのディスプレイCPD-17MSをセカンダリーで接続する事にした。
このCPD-17MSは、スピーカやマイク内臓、しかもTVチューナーまで搭載していた8年前としては、かなり気合を入れた仕様であり、今までもノートPCに接続してプライマリーディスプレイにしていただけあって愛着がかなりある。

さてグラフィックコントローラのNVIDIA(R)GeForce6800のVGAには、19インチの液晶ディスプレイを既に接続しておりDVIしかポートは空いてないが、CPD-17MSのケーブル先端はVGAにつなげるD-Sub15ピンのオスである。

ということでDVI-I変換コネクタを近くの量販店で購入。
(※ついでに息子にせがまれたマリオパーティ7 も購入)

TS320035 TS320038

早速家に帰ってから電源の入っている9150にCPD-17MSを接続してみた。

画面のプロパティ>設定>詳細設定>GeForce6800を選び、「nView ディスプレイ設定」のnViewのプルダウンでデュアルビューを選ぼうとしたが、クローンしかない。

あれ?っと思ったがクローンに設定すると、なんとか2台のディスプレイで同じ画面を表示したので認識はしているようである。

う~~ん。オーナーズマニュアルや「ヘルプとサポート」項目からたどった先のGeForce6800のデバイスガイドを見ても、デュアルビューの設定は出来るようにかかれているが、デュアルビューが選べない。

こうなったらとDELLのサポートへ電話を入れてみる。
最近のDELLのサポートの質が数年前と比べて悪くなったとの噂もありドキドキしながら電話。

とりあえず5分程度で受付につなっがたので現状を説明し、折り返しテクニカルサポートから電話をもらうことになった。
3分ほどでテクニカルサポートから電話が来た。
ひどい会社のサポートは担当に繋がるまで30分や1時間などもあるので、このあたりは非常に好感の持てる対応である。

さて電話でのやり取りをしたが、テクニカルサポートの人の見ている資料どおりでない状況だったらしく相手も困っている様子。

長々と時間を費やしてもしょうがないし、テクニカルサポートが見てる文書を私も見れるように文書番号を聞き、webのサポートページの文書番号検索で資料を見ながら私のほうでも設定ミスなどがないか再確認するということで電話を切った。
解決はこの時点で出来なかったが、具体的なQ&A資料での再確認でも解決しない場合は、再度サポートへ電話もらえれば対応していただける事を約束してもらったので安心だ。

Q&A資料の文書番号101212を見る。ざっと見た限りでは、原因とおぼしき記述はない。
う~~ん。再度じっくり確認してみることに・・・・・・

うぉ!?

モニタの接続の項目に
「※ コンピュータの電源が入っている状態で接続した場合、有効なディスプレイとして認識できません。必ず電源投入前に接続してください。」
の記載。

再度オーナーズマニュアルも確認してみると
「モニターまたはTVを接続したら、コンピュータの電源を入れます。」
の記載。

DELL&9150へごめんなさい。100%私の作業ミスのようです(泣)

気分が凹んでましたが、PC電源をいったん落とし、再度入れなおすと・・・・
今までの苦労が何だったのかと思うようにスンナリと設定できました。

今回のプチトラブルで得たことは

  • やっぱりマニュアルの遵守は必須
  • DELLの非常に好感が持てるサポート
  • マルチモニタでの広い作業環境

でした。

で下の写真が無事に構築されたマルチモニタ環境での仕事場です。

TS320036 TS320037

2005年11月10日 19:54 パソコン・インターネット |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100%+作業ミス+自己反省:

» サイバーコム 3852 初値 ☆ サイバーコム 3852 セカンダリー で ストップ高 トラックバック IPO当選ニュース★IPO当選MANがおくるIPO当選のコツと技でIPO長者になろう!
IPO当選MANも当選し、既に売却したサイバーコム 3852がストップ高している。値幅制限の上限となる前日比500円(10.71%)高の5170円ですからセカンダリーでも充分美味しい。他のIPO名柄とPERを比べると 3823 アクロディア  PER144.3倍 3842 ネクストジ...... [続きを読む]

受信: 2007/06/22 7:17:20

コメント

コメントを書く